無垢材と集成材の違いは?リノベーションの前に知っておきたい木材の知識

リノベーションやリフォームの材料としてかかせない木材。
実は同じように見える木材には、『無垢材』と『集成材』の2種類が存在することをご存知でしょうか。

・無垢材:一本の丸太から必要な大きさに切りだされた木材
・集成材:小さく(薄く)切り分けて乾燥させ、接着剤で組み合わせた人工木材

リノベーションに限らず、最近では建築材料として集成材のほうが多く使われる傾向にあります。
素人目には無垢材に見える部分も、表面だけを良質な木目の木材で覆った集成材であるケースが多いです。

それでは無垢材のほうが高級で優れているのかと言うと、必ずしもそういうわけではありません。
無垢材と集成材のそれぞれに長所と短所があり、目的や使用する場所などによって使い分けることが大切です。

今回はそんな無垢材と集成材の違いや特徴、使う場所による向き不向きなどに関して、まとめました。

無垢材と集成材それぞれの特徴とメリット・デメリット

画像引用元:https://www.pexels.com/photo/empty-living-room-2251247/

まずはそれぞれの特徴を一言でまとめてみました。

・無垢材は自然そのままの材料なので健康によく、耐久性が高いが、変形しやすいため使いづらい
・集成材は形状が安定していて使いやすく、比較的安価だが、経年劣化と健康への心配がある

ここからは無垢材と集成材それぞれの特徴について、さらに詳しく解説していきます。

無垢材のメリット・デメリット

昔は家の材料となる木材と言えば、全て無垢材でした。
そんな無垢材も、最近では使われる場面が減少傾向にありますが、本物にこだわる人にとっては今でも最高の材料として重宝されています。

無垢材のメリット
・本物ならではの重厚感や高級感、木のぬくもりを感じられる
・自然の木の香りが心を落ち着ける作用を持つ
・接着材を使わないので、化学物質による健康被害の心配がない
・湿度が高い時には吸収し低い時に外に放出する調湿作用がある

無垢材のデメリット
・湿度によって変形・変化するので、反りや割れが起こりやすい
・温度変化で膨張・収縮するので、季節によって壁や床に隙間が出る場合もある
・品質が一定ではないので、正しく扱うためには経験が必要
・物によっては価格が高い

集成材のメリット・デメリット

集成材は、近代に生まれた新しい木材として、近代建築にかかせない存在になりました。
はじめは家具や床材などの薄い板材が多かった集成材ですが、技術の進歩によって、今では大きな梁や柱などの構造材としても使われています。

集成材のメリット
・変形が少なく品質が一定なので扱いやすい
・場合によっては無垢材よりも強度がある
・構造計算しやすいので、耐震などの数値化が容易
・同じサイズ・品質の無垢材よりも価格が安いケースが多い

集成材のデメリット
・歴史が浅いので、どれぐらいの耐久性があるのか不明
・接着剤が一度はがれると、かなりもろくなる
・接着剤による健康被害のおそれがある

無垢材と集成材どっちが安い?それぞれの価格について

画像引用元:https://www.pexels.com/photo/numbers-money-calculating-calculation-3305/

一般的には、無垢材よりも集成材のようが安いと言われることが多いようですが、実際には必ずしもそうとは限りません。
同じサイズの集成材よりも安い無垢材もあれば、何倍も高い場合もあります。

ただし安い無垢材というのは、乾燥処理が不十分だったり、強度の低い部位のためグレードが低いなど、やっぱりそれなりの理由があります。

だから結局、同じサイズ・品質の材料として比較すると、集成材の方がコスパがいい材料と言えるでしょう。

また、施行する側の視点で考えると、集成材のほうが経験が少ない職人さんでも扱いやいので、結果的に人件費もおさえることができます。
一方、無垢材を扱うには、経験と高い技術を持った職人さんが必要なので、どうしても人件費がかかってしまいます。

このように、材料としての価格だけでなく、人件費など工事全体で考えても、集成材のほうが価格をおさえることができます。
最近の木造建築では、集成材を選択する業者が増えているのも、当然の流れと言えるでしょう。

もしも低予算で無垢材にこだわりたいのなら、杉や檜(ヒノキ)などが比較的安価でおすすめです。
ただし注意点として、あまりにグレード(等級)の低いものは避けましょう。
安い材料を選ぶと節穴や割れが多くて使い物にならないケースもあるので、慎重に選ぶことをおすすめします。

どっちを使う?無垢材・集成材の使い分け

画像引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/960804?title=%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB%E3%81%AA%E6%9C%A8%E7%9B%AE%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E8%83%8C%E6%99%AF%E7%B4%A0%E6%9D%90

木材を使ったリフォーム・リノベーションをする際には、目的や使用場所によって、無垢材と集成材を使い分けていくことが大切です。

ここでは木材使う場所・ケース別に、どちらが向いているのかをまとめてみました。

構造上重要な場所(柱・梁・大引きなど)

以前は無垢材が使われることが多かった柱や梁などの大きな材料でも、最近では集成材が主流になりつつあります。

結論から言えば、これら大きな部材は、無垢材と集成材のどちらでも大丈夫。

たとえば洋風で柱が見えない部屋の作り(大壁と言います)であれば、柱は集成材のほうが安価なので向いているかもしれません。
梁や柱の見えるところだけは、本物の木目を楽しむために無垢材にしてもいいでしょう。

本物の木が好きで、少しお金をかけてもいいから健康的な環境を求めているのなら、見えないところも含めてすべて無垢材にするのもアリですね。

このように、部屋の作りや目的、予算、好みなどで選ぶとよいでしょう。

ただし、構造上重要な場所に無垢材を使う場合には、よく乾燥した良質なものを選ぶ必要があるので、できれば専門家に選んでもらったほうが無難です。

薄い板材で作る場所(床・壁・天井など)

フローリングや壁、天井などの薄く・広い板状の材料を必要とする場所には、昔から集成材が使われてきました。

その一番の理由は、品質が安定していて変形しづらいから。
無垢材の場合は、薄く・広く切り出すと、反りや収縮などの変形が起きやすく、隙間ができやすいという弱点がありました。また無垢材で大きな板を作るには、樹齢何十年~何百年という大きな木を使う必要があり、どうしても高価になってしまいます。それに比べて集成材は、大きな板でも大量に安く作ることができます。

このように品質、加工のしやすさ、コスパの面で薄い板状の場所には集成材が選ばれてきたわけですね。とはいえ、裸足で歩いた時の心地よさや、すがすがしい木の香り、木目の温かさなどは、無垢材でしか味わえない体験。
居心地の良い住まいにこだわるのなら、杉や檜・桜などの比較的安価な無垢材を選んでリノベーションすれば予算を抑えることも可能です。

作り付け家具(棚・カウンターなど)

家具の世界でも今は集成材が主流です。
(家具の場合は「突板」と呼ばれるものをここでは集成材として扱います。)
その理由は価格が安いこと、そして軽くて扱いやすいことがあげられます。

一方、無垢材の家具は『高級家具』として扱われ、価格は集成材の家具の約2倍程度。
重厚で高級感あふれる無垢材の家具は、本物志向の人たちに人気があります。

それでは、リノベーションで作り付け家具を作る際には、どちらが向いているのでしょうか?

普通の家具と違い、作り付けの棚やカウンターは、一度作ったら2度と動かすことはありません。
そういった意味では、重厚で重たい無垢材でも、不便を感じることはないでしょう。

特に大きな棚やカウンターは部屋の顔ともいえる存在。
もしも予算が許すのなら、そういった要所だけでも無垢材を使うことで、部屋全体の雰囲気が違ってきます。

一方、トイレの中の小さな棚などの、ちょっとした部分や、ガラス戸や引き戸、引き出しがある棚であれば、ズレの少ない集成材のほうが向いています。

コラム:突板(つきいた)って何?
0.2mm程度の薄さにスライスした木のシートを、ベニヤなどの合板に張り付けたもので、家具特有の製法です。
木目の美しい部分だけを効率的に使えるので、見た目が重要な家具作りの代表的な製法として発展しました。
意外にもヴィンテージの北欧家具にも使われている歴史のある技術です。

まとめ

画像引用元:https://www.pexels.com/photo/activity-bicycle-bike-biker-276517/

今回は無垢材と集成材それぞれの特徴や使い分けを解説してきました。無垢材と集成材それぞれの違いがかなり明確になったのではないでしょうか。ただ、どちらの材料を使うにしろ大切なのは、どんな暮らしを求めてどんな住まいにリノベーションをしたいのか、はっきりとイメージできていることです。この前提があって、はじめて使うべき材料も決まってきます。

とはいえ、はじめから理想のリノベーションをイメージするのは誰にとっても難しいもの。
ぜひ、理想のイメージを具体的にするためにも、リノベーション業者のホームページで施行事例を見たり、専門家に相談することをおすすめします。